著作権
公衆送信権,伝達権著作権の主な種類

公衆送信権・伝達権

公衆送信権・伝達権

著作権

公衆送信権と伝達権とは私たちの日常生活の中では、テレビやラジオ・インターネットが情報の発信源となっています。
特にインターネットは誰もが情報を発信することが出来るという優れた特徴を持っています。

しかし、メディアを通じて著作物を発信することは著作権侵害に繋がります。
公衆送信権と伝達権について解説していきます。

公衆送信権・伝達権〜電波に乗せて配信するには

インターネットに深い関わりのある権利インターネットの普及は、生活の質だけでなく著作物の頒布にも大きな変革をもたらしました。
私たちは日ごろから音楽配信や映画・動画の配信、ゲームソフトの購入など様々な形でインターネットの恩恵を受けていますが、時には著作権侵害の原因にもなってしまうのです。

インターネットにも関わる公衆送信権と伝達権について解説します。

公衆送信権とは?

公衆送信権は、著作権法第二十三条で「著作者はその著作物について公衆送信を行う権利を占有する」と規定された権利です。
分かりやすく言うと、テレビ・ラジオなどの電波を使う不特定多数が直接受信できるメディアを使って音楽や映像などの著作物を送信する権利は著作者・著作権者が所有しているということです。

インターネットのように、送信者が直接関わらなくても受信者からの求めに応じて自動的に送信される仕組みを「自動公衆送信」といいます。

送信可能化権とは

著作権法第二十三条はインターネットの無い時代に制定された条項のため、ネット上での著作権侵害事案に対処する効力が薄いものでした。
そのため新たに制定されたのが「送信可能化権」です。

これは、インターネットからアクセス出来るファイルを保存しているサーバーに、著作物を不特定多数の誰もがアクセスできるような状態でアップロードする権利のことです。

伝達権とは

伝達権は、著作権法第二十三条2項において「著作者は公衆送信されるその著作物を、受信装置を用いて公に伝達する権利を占有する」と規定されています。

つまり、テレビやラジオで放送された番組をそのまま別のチャンネルで同じ時間に放送することや、パソコンで見られる状態で送信することは伝達権の侵害になる場合があります。
しかし伝達権の侵害事案は少ないのが現状で、伝達権侵害を成立させることは難しいと言えます。

公衆送信権の働きとは?

インターネット全盛の現代において、送信可能化権を含む公衆送信権はネット上での著作権侵害を取り締まるために欠かせないものとなっています。
ネット上では、音楽・映画・アニメ・ゲーム・漫画など多くのデジタル化された著作物が毎日のように違法ダウンロードされています。

デジタル化された著作物はそっくりそのままコピーされるためねずみ算式に増殖していくことになります。違法ダウンロードを食い止める為には、ネット上からアクセス出来るサーバーへのアップロードを抑えるのが有効です。
つまり、供給元を断つことで需要が満たされないようにするために公衆送信権と送信可能化権が利用されているのです。

【著作権GO!GO!】コンテンツ分類
  • 【著作権の基礎知識】大切な財産を保護するための効果と罰則
  • 【著作権の主な種類】無意識に侵害しないために知らなければいけない対象と権利
  • 【著作権に関わるキーワード】海賊版のダウンロード・盗作mなどの身近な著作権問題
【著作権GO!GO!】コンテンツメニュー
  • 侵害者への罰則 - 著作権侵害の代償とは?
  • ダウンロード - 著作物がネットで拡散する
注目記事(著作権GO!GO!)ランキング