著作権
演奏権著作権の主な種類

演奏権

演奏権

著作権

演奏権とは音楽を楽しむということは、老若男女を問わない身近で一般的な娯楽の一つです。
しかし音楽も著作物である以上、著作権による保護対象となり使用には制限が掛けられることがあります。

音楽を楽しむ際に関わってくる権利である演奏権と、音楽での著作権侵害について解説します。

演奏権〜コンサートを開く場合は?

身近な著作権侵害を防ぐための演奏権私たちの生活の中で、音楽は様々な役割を果たす著作物として機能しています。
信号の切り替わりや合図となるチャイム、映画やゲームなどでムードを盛り上げる演出効果となるBGM、カラオケや軽音楽と言った娯楽などその働きは様々です。

音楽を奏でるための演奏権とはどのような権利なのでしょうか?

演奏権について

演奏権は著作権法第二十二条において「著作者はその著作物を、公衆に直接見せまたは聞かせることを目的として上演・演奏する権利を占有する」と上演権と共に定義されています。

この条文は一見するとコンサートやライブなどの生演奏に対して設定されているように思われますが、レコード・テープ・CDなどの記録媒体の再生に対しても設定されています。
そのため、生演奏・再生演奏を問わない権利となっているのです。

演奏権の保護対象とは

演奏権は、楽曲を構成する歌詞とメロディの両方を保護する形で設定されています。
そのため歌詞だけ、メロディだけの利用にも演奏権が関わってきます。
しかし曲名は重複することが多いためか、演奏権の保護対象とはなっていないようです。

演奏権は、「音楽を店内で流す」「テレビ・ラジオ番組で使用する」など不特定多数相手に聞かせる時などに関わってきます。
「ごく短いフレーズであれば無許可で引用できる」という説もあるものの法的根拠は無く、短い引用は黙認状態にあるものと考えられます。

演奏権の問題点

音楽の著作権を守り、作詞者・作曲者の利益を維持するという意味で演奏権は最も多用されている著作権であると言えます。
しかし、その分トラブルの原因になりやすいというデメリットがあることは否めません。
演奏権を巡るトラブルの多くは、日本国内で音楽の著作権を委託管理している団体・JASRACの方針が関わっています。

JASRACでは飲食店での生演奏やCD再生、カラオケ機械設置に対しての著作権使用料徴収を積極的に行っていて、時には個人経営の店に莫大な使用料の請求がされるケースもあります。
このようなJASRACによる使用料徴収と、テレビやラジオの放送媒体には音楽を自由に使える年間契約プランが用意されているという格差の大きさなどが演奏権そのものの意義を揺るがしているものといえます。

無償での演奏の難しさ

演奏権は、上映権・上演権と同じく著作権法第三十八条において「非営利目的であれば著作権者の許可が無くても公衆の前で演奏できる」と規定され、演奏者に演奏に対する報酬が支払われる場合は例外となっています。
しかし、無償の生演奏でも演奏場所が飲食店であり、演奏者が店の経営者であると飲食料金を報酬と見做して使用料を徴収される場合があるようです。

また、無報酬の学校の部活や市民楽団のコンサートでも入場料を設定したことで演奏権侵害になるケースが相次いでいるのが現状です。

【著作権GO!GO!】コンテンツ分類
  • 【著作権の基礎知識】大切な財産を保護するための効果と罰則
  • 【著作権の主な種類】無意識に侵害しないために知らなければいけない対象と権利
  • 【著作権に関わるキーワード】海賊版のダウンロード・盗作mなどの身近な著作権問題
【著作権GO!GO!】コンテンツメニュー
  • 侵害者への罰則 - 著作権侵害の代償とは?
  • ダウンロード - 著作物がネットで拡散する
注目記事(著作権GO!GO!)ランキング