著作権
財産権著作権の主な種類

財産権

財産権

著作権

財産権とは著作物の多くは、商業によって広く大衆に普及する性質を持っています。
商業展開を行うには著作者と著作権者の間で量産・売買に対する認識の共有と契約が欠かせないものとなります。
そして著作者に適切な利益配分を行うことは著作権の大事な役割となります。

著作権における財産権について解説します。

財産権〜作品で商売を行うのに大事

財産権の役割絵画・書・彫刻などの芸術と違って、映画・小説・漫画・ゲーム・音楽などの著作物は商業展開によって広まるものです。
そのため、著作者は出版社やゲーム会社などとの商業展開のための著作権を貸与・譲渡する契約を結ばなければなりません。

著作物を商業展開するために重要な役割を果たす財産権とはどのような物なのでしょうか。

財産権とは?

財産権は、「法律で保護された、金銭・貴金属・不動産などの有形の財産に対する権利」と定義されています。
これに対して著作権や特許などのアイデアや思想を表現した無形のものに対する財産権のことを「知的財産権」と言います。

特に知的財産権の保護は、国家の経済に大きな影響を与えるものとして認識されており、啓蒙活動が広く行なわれています。
また、著作権に包括される形で存在している財産権のことを、「著作財産権」といいます。

商業と財産権の関係

物を売り買いする商業は、いわば「財産権の取引」であると言えます。
財産とは「金銭的価値のある物品」のことなので、家電製品や家・土地などの高額商品から日糧品などの低額商品までも含まれているからです。

この概念は知的財産権を持つ著作物にも通じ、小説やマンガなどの本、映画・アニメなどの映像や音楽を収録したDVD・ブルーレイディスクといった記録媒体なども財産と言えます。
つまり、商業において財産権は避けて通れない権利となっています。

著作者人格権と著作財産権の違い

著作権は著作者と著作権者の利益の保護を目的とした権利です。しかし、著作財産権と著作者人格権は全く別個の利益を保護しているものなのです。
著作者人格権は名誉声望といった著作者の名前に対する信用を保護するもので、著作財産権は著作物によって発生する金銭的利益を保護するものです。

しかし著作物の価値は、内容の有用性や需要だけでなく著作者の名前にも左右されるものです。
つまり、著作者人格権と著作財産権はコインの裏表のような関係にあるといえます。

著作財産権の使い方とは

著作財産権は著作物によって発生する金銭的利益を保護する権利ですが、同時に出版社やレコード会社などの著作物を生産・販売する会社との契約の際に必要になる性質を持っています。
著作者は会社に著作財産権を貸与・譲渡する契約を結んで著作物の商品化と流通を行ってもらい、契約に基づく利益分配を行うことになります。

著作者の中には自分で著作物を扱う会社を立ち上げてしまうようなバイタリティに溢れた人もいますが、多くの著作者は会社と契約して著作財産権を委譲して商業展開を行わなければなりません。

【著作権GO!GO!】コンテンツ分類
  • 【著作権の基礎知識】大切な財産を保護するための効果と罰則
  • 【著作権の主な種類】無意識に侵害しないために知らなければいけない対象と権利
  • 【著作権に関わるキーワード】海賊版のダウンロード・盗作mなどの身近な著作権問題
【著作権GO!GO!】コンテンツメニュー
  • 侵害者への罰則 - 著作権侵害の代償とは?
  • ダウンロード - 著作物がネットで拡散する
注目記事(著作権GO!GO!)ランキング