著作権
著作権の主な種類

著作権の主な種類

著作者人格権

【著作者人格権】作者が誰かを示す

著作権の対象となる小説や絵画などは、作者の名前によって評価や価値が変わるものです。作者を保護する著作者人格権について紹介します。

同一性保持権

【同一性保持権】無断改変を許さない

著作物は時として作者の了解を得ぬまま、編集者による改変が行われる場合があります。著作権の改変を防ぐ同一性保持権について解説します。

二次的著作物の利用権

【二次的著作物の利用権】「本歌取り」の是非は

人気のある作品はパロディなどの「二次的著作物」に利用されることがあります。二次的著作物の利用権とは何かについて紹介します。

財産権

【財産権】作品で商売を行うのに大事

著作物を商業に利用する際には、著作物の価値を正しく把握し利益を作者に還元する必要があります。著作権における財産権について解説します。

上演権・上映権

【上演権・上映権】映画や演劇に深く関わる

映画や演劇は脚本が無ければ製作することも上演することも出来ません。映画や演劇を左右する上演権・上映権を紹介します。

演奏権

【演奏権】コンサートを開く場合は?

音楽を演奏する為に必要な楽譜も、著作権の対象となります。市民楽団などが音楽を演奏する際に関わってくる演奏権について紹介していきます。

公衆送信権・伝達権

【公衆送信権・伝達権】電波に乗せて配信するには

テレビやラジオ、インターネットなどのメディアで著作物を配信する場合に関わる著作権である公衆送信権や伝達権を解説していきます。

頒布権・譲渡権

【頒布権・譲渡権】作品を広める時に関わる

映画以外の著作物を多くの人に知らせる為の著作権が存在します。著作物を広めていく為の権利である頒布権と譲渡権を解説します。

翻訳権・翻案権

【翻訳権・翻案権】和訳や邦題をつける為には

日本国外の作品は訳したり、分かりやすいタイトルに変えたりすることがあります。翻訳権と翻案権について紹介します。