著作権
効果著作権の基礎知識

著作権の効果

著作権の効果

著作権

著作権の効力法律の下に保障された権利というものは、大きな責任と同時に多大な効果を権利者に与える性質があります。
それは著作権にも共通するもので、著作者は著作権の管理の労力に相当するメリットが齎されているのです。

著作権が著作者や著作物を扱う会社に与えるメリットについて紹介します。

著作権の効果〜利益と名声を守るために

著作権のメリット著作権の存在は、昨今の法改正の影響もあってか息苦しく感じる人も少なくないようです。
しかし、本来の著作権は著作者や商業利用する会社にとって非常に有益なものなのです。

著作権が発揮する効果は、どのようなメリットをもたらしているのでしょうか。

著作者の名前を守る

著作物と呼べるものは無数に存在していますが、有名な著作物ほど創作した著作者とセットになって語られるものです。
つまり、評価の高い著作物を作ることは著作者の名声を高めると言う利益があるものといえます。

しかし、世の中には著作者を騙って不当に利益を得ようとする者も少なくない為、著作権によって著作者が誰であるかを示し権利の帰属先を明確にする必要があるのです。

勘違いされる商品の製作を防ぐ

「学ぶ」という言葉は「真似る」に語源があるといわれるように、既存の著作物を研究して良い所を真似て自分の実力向上につなげることは悪いことではないと言えます。
しかし、既存の著作物の表面だけを真似て消費者を混乱させてしまう著作物は意外と少なくないものです。

映画などではヒット作にタイトルや内容を似せた作品が多々作られるケースが多く、勘違いしてビデオレンタルしてしまう人も少なくありません。
このような錯誤を利用した商法を防ぐことも著作権の効果といえます。

商業利用のための必需品

一部の芸術品・映画・ゲーム・漫画・小説・音楽などは商業によって流通され多くの人が触れる機会を与えられることで、始めて価値が出るものと言えます。
しかし、自分で流通ルートに乗せられるような商才にも長けた著作者というものはそう多くは無いものです。

そのため多くの著作者は出版社やレコード会社などの専門家との商業利用のための契約を交わして、専門家が持っている流通ルートに乗せることになります。
商業利用のための契約をスムーズに行うためにも著作権は必要になってくるのです。

複数メディアへの広域展開

現代では「マルチメディア展開」といって、小説や漫画からスタートした作品がアニメ・ドラマ・ゲーム・映画・演劇など複数のメディアに広がっていくことが珍しくないものです。

このようなマルチメディア展開を行う際には、著作権契約を行なって原作とは別のメディアで製作出来るようにする必要が出てきます。

無許可・不正な商品の販売をストップ

人気のあるなしに関わらず、音楽・映画・ゲーム・漫画・アニメ・コンピューターソフトなどは無断複製されてインターネット上に流出されたり、無許可で廉価販売されたりすることが少なくありません。
そのようなコピー商品が氾濫するとオリジナルの商品を取り扱っている会社は多大な損失を受けることになってしまいます。

そのため著作権法は不法な商品の流通を差し止め、取り扱った業者に罰を与えることが出来るのです。

【著作権GO!GO!】コンテンツ分類
  • 【著作権の基礎知識】大切な財産を保護するための効果と罰則
  • 【著作権の主な種類】無意識に侵害しないために知らなければいけない対象と権利
  • 【著作権に関わるキーワード】海賊版のダウンロード・盗作mなどの身近な著作権問題
【著作権GO!GO!】コンテンツメニュー
  • 侵害者への罰則 - 著作権侵害の代償とは?
  • ダウンロード - 著作物がネットで拡散する
注目記事(著作権GO!GO!)ランキング